ニュースリリース

2016.01.27プレスリリース
オンラインサロンプラットフォームを独自プラットフォームで開始

 
メディアインデックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加納伸之)は、有料のオンラインサロンを誰でも開設できるサービスを、デジタルコンテンツの統合プラットフォーム「レジまぐ」にて開始いたしました。

レジまぐ オンラインサロン
https://regimag.jp/navigation/salon/

趣味や趣向、想いや志を同じくした仲間たちとの交流の場として、例えば、「アイドルやバンドのファンクラブ」「有名シェフによるクッキングサロン」「有名占い師による恋愛相談サロン」「女性起業家育成サロン」「ネイティブスピーカーによる日常英会話サロン」など、オンライン上での新たなコミュニケーションスタイルを創出していきます。

近年、新しいコミュニケーションメディアとして、有料のオンラインサロンの認知が進んできましたが、現在の主なオンラインサロンプラットフォームは、facebook社の非公開コミュニティの機能を使用して運営されているものが多く、決済や個人情報の管理を行う運営企業と、代金に対する役務の提供であるサロンの場を提供している企業(facebook社)が異なり、また、サービスの継続や保守、メンバーによる書込みなどのテキストや画像などのデジタルデータの保全等を、サロンによる利益の分配を得ていないfacebook社の無料サービスに依存しているという構造上の問題を多く抱えております。

また、実名登録制であるfacebookアカウントを使用することから、実名やプライベートを開示したくないライトユーザーや、そういったユーザーが多く属する可能性の高いカテゴリーのオンラインサロンの運営には不向きなサービスとなっておりました。

今回当社で開始したオンラインサロンサービスは、それらの問題をすべて解決できるサービスとして、当社のデジタルコンテンツ統合プラットフォーム「レジまぐ」上で、オンラインサロン運営に必要なすべての機能を提供する新たなサービスラインナップとして開始いたしました。

レジまぐでは、オンラインサロンのサービス以外にも、メルマガ(無料/月額課金)、ブログ(無料/記事別課金/月額課金)、ブック(無料/記事別課金/月額課金)、予想記事(無料/記事別課金)、ファイル販売(都度課金)、メッセージ機能(都度課金/月額課金)と、さまざまな無料、有料サービスのシステムと決済機能を提供しており、同一プラットフォーム上で複数のサービスを展開することで、他プラットフォームにはない、よりユーザービリティの高いサービスを提供しております。

特徴として、ユーザーの多くが複数のコンテンツを購読しております。マイページのタイムラインやお知らせ通知の機能を入り口に、購読しているさまざまなコンテンツへ素早くアクセスすることができ、ユーザーの多くが、自宅ではパソコンやタブレット、出先ではスマートフォンからといった、ライフスタイルにあわせた使い方をしています。

今後は、既存の発行者、ユーザーと親和性の高いオンラインサロンの開設促進と、新しいジャンルのオンラインサロンの開設の促進の両軸でプロモーションを展開し、幅の広いバラエティに富んだコンテンツをユーザーに提供できるよう努力してまいります。

今回開始したオンラインサロンでは、来年度末(2017年3月)までに、開設数2000、オンラインサロン単体での月間の売上高2億円を目指します。

今後も「レジまぐ」では、世の中にあるすべてのデジタルコンテンツを誰でも簡単に販売でき、また、欲しい情報が必ず見つかるデジタルコンテンツの統合プラットフォームをコンセプトに、さらなるサービスの向上、機能の拡充を行ってまいります。



【レジまぐ オンラインサロン】
https://regimag.jp/navigation/salon/

【レジまぐ】
https://regimag.jp/

会社概要

社 名 メディアインデックス株式会社
所在地 東京都千代田区永田町2-14-3 東急不動産赤坂ビル6F
代表者 加納 伸之
資本金 33,000千円
電 話 03-3580-6711
URL http://www.mediaindex.co.jp/

本プレスリリースに関するサービス、取材等のお問い合わせ先

メディアインデックス株式会社
決済プラットフォーム事業部(担当:金子)
TEL : 03 - 3580 - 6711
お問い合わせフォーム : https://www.mediaindex.co.jp/contact/

ページの先頭へ